エイサー会館
沖縄が世界に誇る伝統芸能エイサー

エイサーは、旧盆に行われる先祖供養の伝統行事ですが、今や沖縄を代表する伝統芸能となっています。その起源は定かではありませんが、浄土宗の仏僧・袋中上人(たいちゅうしょうにん)による「念仏歌」が始まりという説があります(17世紀初頭)。

また、エイサーの名称については、琉球の古歌謡集の「おもろさうし」に出てくる「ゑさおもろ」と、演舞中の「エイサー エイサー ヒヤルガエイサー」の囃子詞からという説があります。

沖縄では、毎年旧盆になると、地域によっては青年たちがエイサーを踊りながら通りを練り歩き、これを「道ジュネー」といいます。エイサーは地域によって型に違いがあり、大太鼓や締太鼓を中心としたもの、片張りの太鼓(パーランクー)を用いたもの、太鼓を使わないて踊りだけのエイサーもあります。また、近年では創作エイサーのグループも増えています。

エイサーが、一躍脚光を浴びるようになったのは1956年に沖縄市で開催された「全島エイサーコンクール」です。その後、「沖縄全島エイサーコンクール」へと移行し、今日では3日間で30万人が訪れる一大イベントになっており、勇壮にして華麗な演舞が多くの人々を魅了しています。

「エイサー会館」では、この沖縄が誇る伝統芸能エイサーの発信拠点施設として、エイサー文化の保存及び継承に取り組んでいます。